ランナーズ・ジャーナル JAPAN (Runners-Journal.Jp)

事実に基づいた「真実のコラム」を掲載しています。今だからこそ伝えたい「本当のこと」をありのまま伝えたいと思います。

カテゴリ: 2020期待のアスリート

2020年は、新型コロナウイルスの影響を受けて春先から試合が行われなかった。

例年通りに試合が開催されないだけではなく、練習自体が出来ない日々を過ごした。

そんな例年とは違う環境の中でも小学生ランナー達は、例年以上の記録を出している。

試合が行われた順に結果を記載すると下記のような好記録が東京都内で出ている。

※ピンク文字は、2分30秒切の記録

<8月9日 ジュニア陸上・チャレンジカップ>
 〜小学生女子6年800m〜※TOP8
  1.2:22.00 一兜咲子  (済美山AC)   NGR
  2.2:25.58 井上穂奏  (横浜AC)
  3.2:27.72 弦巻心遥  (東葛RC)
  4.2:28.18 大木優奈  (清新JAC)
  5.2:28.52 椎名美月  (ima)

  6.2:31.42 奥田莉乃  (RUN.jp)
  7.2:34.60 前橋莉桜  (東京ドリーム)
  8.2:35.23 小島未夢  (RUN.jp)

<8月23日 足立フレンドリーナイター陸上>
 〜小学生5・6年の部〜※TOP8
  1.2:19.90 一兜咲子  (済美山AC)    NGR
  2.2:31.29 奥田莉乃  (RUN.jp小6)    NGR
  3.2:32.91 柿沼日恋  (清新JAC小5)   NGR
  4.2:36.81 青木萌奈  (清新JAC小6)
  5.2:36.82 前橋莉桜  (東京ドリーム小6)
  6.2:37.12 松本素直  (清新JAC小6)
  7.2:37.16 長沼晴奈  (千住ジュニア小6)
  8.2:37.28 松井瞳空  (KJR・L小6)

<9月21日 日清カップ東京都小学生陸上交流大会>
 〜小学生5・6年の部〜※TOP8
  1.2:21.24 一兜咲子  (済美山AC小6) 
  2.2:29.90 松井瞳空  (KJR・L小6)
  3.2:29.95 前橋莉桜  (東京ドリーム小6)

  4.2:31.41 松下倫子  千住ジュニア小6)
  5.2:31.69 松本素直  清新JAC小6)
  6.2:31.91 永渡希音  清新JAC小6)
  7.2:33.37 小林彩音  清新JAC小5)
  8.2:33.67 長沼晴奈  千住ジュニア小6)

<11月2日 ジュニア陸上・チャレンジカップ>
 〜小学生女子6年800m〜※TOP20 (2分40秒切)
  1.2:20.58 井上穂奏  (横浜AC・神奈川) NGR
  2.2:20.92 大木優奈  (清新JAC・東京)  NGR

  3.2:23.46 保坂知穂  (市原AC・千葉)
  4.2:24.55 弦巻心遥  (東葛RC・千葉)
  5.2:27.46 及能ひなた (函館CRS・北海道)
  6.2:27.95 奥田莉乃  (RUN.jp・埼玉)
  7.2:28.51 小島未夢  (RUN.jp・埼玉)
  8.2:29.59 鴨狩侑奈  (しらこばと・埼玉)
  9.2:29.76 椎名美月  (ima・千葉)
10.2:29.94 古林 芹  (草加ジュニア・埼玉)

11.2:30.45 長谷川莉都 (陽だまりJAC・三重)
12.2:32.24 松本素直  (清新JAC・東京)
13.2:32.26 青木萌奈  (清新JAC・東京)
14.2:33.76 長沼晴奈  (千住ジュニア・東京)
15.2:34.86 長谷川結都 (陽だまりJAC・三重)
16.2:36.03 矢野由花  (横浜AC・神奈川)
17.2:36.39 永渡希音  (清新JAC・東京)
18.2:37.14 戸村万葉  (ima・千葉)
19.2:39.41 朽津朝香  (横浜AC・神奈川)
20.2:39.58 新井夏瑞  (横浜AC・神奈川)


過去、こんな好記録で複数の選手が走った年があっただろうか。

年によって一人だけ抜きん出た選手がいる年は、あったかもしれない。

しかし、これだけの好記録で走れる選手が複数人出てくることは珍しい。

一人が口火を切ったから、他の選手達も「自分にも出来るはず!」と追随した。

常識にとらわれることなく限界を作らなかったことが「心の壁」を破ったのだろう。

今年が特別な年であったからこそ、このような記録が生まれたと考えることもできる。

では…2分25秒を切るような好記録で走れる選手は、今後、どのように育つのだろうか。

いや、2分20秒台で走らなくても、2分40秒を切れたら十分に素質があると考えて良い。

それらの選手達は、このまま順調に育つのだろうか。

3分を切れないような子供が、中学高校と進むにつれ急成長して活躍している例がある。

800mで3分を切れなかった選手が、高校生になって全国大会で活躍する例も少なくない。

「もし、大人になってから活躍したいと思うなら、子供のうちは遊びまわっていればよい」

そんな風に声掛けをするマラソン指導の名匠もいる。

「親が夢中になって熱を入れ過ぎると子供は疲れちゃう」

「子供の時は練習なんてしないで外で遊んでいればいい」

「高校生になってから一生懸命に練習した方が強くなる」

「親が先を急ぐと中学3年頃に子供は立ち止まりたくなる」

「末永くずっと走らせたいなら親が夢中にならないことだよ」

そんな言葉をマラソン指導の名匠と呼ばれた先人は残している。

これだけの逸材が日本には沢山いるのだから世界に追いつくことは難しいことではない。

将来の日本長距離界を背負って立つ選手の育成は、将来、大化けをする選手の発掘が大事。

これらの選手の中から、将来、日本記録を更新する選手が複数人出てくる可能性は十分ある。

「逸材は、早目に見つけて、時間を掛けてじっくりと育てる」

そう思える選手が、現在、日本の小学生にいることを陸連関係者には再度認識して欲しい。

そして、これらのジュニア選手達が、順調に育つ環境を整えてくれることを強く願う。

<高校男子1500m歴代10傑>
  1.3:38.49 佐藤清治     (佐久長聖) 1999年5月22日
  2.3:44.57 半澤黎斗     (学法石川) 2017年7月30日
  3.3:44.62 石塚陽士     (早稲田実業)2020年7月24日
  4.3:44.62 甲木康博     (城西大城西)2020年8月23日

  5.3:44.86 クレイアーロン竜波(相洋)   2019年4月20日
  6.3:45.10 高橋佑輔     (兵庫)   2017年7月30日
  7.3:45.27 徳本一善     (沼田)   1997年10月5日
  8.3:45.46 浜矢将直     (西脇工業) 1988年8月  1日
  9.3:45.58 遠藤日向     (学法石川) 2016年6月24日
10.3:45.59 上野裕一郎    (佐久長聖) 2003年7月30日


<高校女子1500m歴代10傑>
  1.4:07.86 小林祐梨子    (須磨学園) 2006年9月24日
  2.4:14.69 市川良子     (洗足学園) 1993年9月18日
  3.4:15.43 田中希実     (西脇工業) 2016年6月25日
  4.4:15.82 高橋ひな     (西脇工業) 2016年7月30日
  5.4:15.98 由水沙季     (筑紫女学園)2012年7月30日
  6.4:16.20 倉岡奈々     (鹿児島女子)2013年7月31日
  7.4:16.30 木村友香     (筑紫女学園)2011年5月27日
  8.4:16.61 武田志帆     (常盤)   2012年7月30日
  9.4:16.69 後藤 夢     (西脇工業) 2016年7月30日
10.4:16.70 田邉美咲     (田村)   2013年7月31日

これまでの実績ではなく今現在の本当の力が反映されたランキング。

それが2020全国高等学校リモート陸上競技選手権だ。

新型コロナの影響により高校生達が思うように練習が出来なかったのは事実。

専用グランドを持ち、公共の目を気にしなくて良いスポーツ強豪校は幾つかある。

しかし、大半の生徒は、部活休止のために思うように練習が出来なかった。

誰からも強制されない中でも自分の意思で練習を継続していた心の強い生徒。

将来の夢や目標に向かって自分の意思で日々の努力を重ねてきた生徒。

そういう高校生がランキング入りしていると評価もされている。

2020全国高等学校リモート陸上競技選手権大会(8月27日更新)

様々な条件下で開催時期も気象条件も全く違う中でのランキング。

万全の体調ではなく本来の力を出せていない生徒もいると思う。

そんな中でも指定された大会で力を発揮するのも実力のひとつ。

言い換えれば、将来の伸びしろを計るバロメーター的な役割を果たしている。

大学・実業団関係者は、過去の実績ではなく将来性を重要視したスカウトが出来る。

それが、このリモート選手権の最大の功績となるだろう。

過去の実績をもとにスカウトしたは良いが期待していた走りとは程遠い選手。

知名度が高い選手だから素質があるとスカウトしたが、全く活躍しない選手。

中学・高校・大学時代の伸びやかな走りとは全く別人になってしまった選手。

そういうスカウト失敗のリスクが少なくて済むのが、今年の結果かもしれない。

どんな環境下でも地道に努力を重ねて自己を成長させることが出来るのが一流選手の証。

リモート選手権の結果は、将来の日本代表選手候補を見極める好材料となるだろう。

昨日、国立競技場で開催されたライジングスター陸上は、大盛況に終わった。

デカくてピカピカな国立競技場をジュニア選手が力の限り駆け抜けた。

関東地区から選ばれた中学3年生と小学6年生には最高の想い出になっただろう。

そして、その最高の舞台は、東京五輪出場を目指すトップ選手達にバトンタッチされる。

今、男子100mが熱い!

スター選手が一堂に会するビッグレース。

久しぶりにワクワクするレースが見られるかと思うと落ち着いてはいられない。

昨日の100mレースを見る限り、確率的に追い風が吹く可能性が高い。

どんな記録が出るか楽しみにスタートの瞬間を待ちたい。

日本記録更新が期待される女子1500mも熱いレースが見られそうだ。

「やっぱり東京五輪を観たい!」

「絶対に開催して欲しい!」

そういう声が全国各地で湧き上がるムーブメントを作る起爆剤となるか。

国民が期待に心を躍らせるような記念すべきレースになることを心から祈願する。



 

2020年シーズン上期。最も勢いがある選手は誰だ!

ブロック毎の1500mナンバーワン選手を下記のように選出。

<北海道>
上西彩末 (立命館慶祥1)

<東北>
米澤奈々香(仙台育英2)

<北信越>
谷口ゆき (星稜2)

<関東>
須藤花菜 (順天2)

<東海>
澤井風月 (宇治山田商1)

<近畿>
村松 結 (立命館宇治2)

<中国>
谷本七星 (広島舟入3)

<四国>
上田琴菜 (八幡浜2)

<九州>
柳楽あずみ(筑紫女学園2)

<特別枠>
干飯里桜 (須磨学園2)
三原 梓 (立命館宇治3)
萩原 結 (城西大城西3)



勝手にランキング!2020年シーズン上期。

女子1500m全国ナンバーワン選手は、米澤奈々香選手(仙台育英2)。

米澤奈々香選手は、将来、五輪に最も近い選手と言って良い。

素質、タレント性、最終到達地点への視線。全てにおいて高校生離れしている。

中学時代から活躍している選手として知られているが、実際には苦労人である。

多くの苦境を乗り越えてきたことが彼女の強さになっていると関係者は語る。

中学チャンピオンが、将来の五輪代表選手へと育ってくれることを期待したい。

他地区の選手は、殆どの選手が中学時代に実績のある選手ばかり。

その中でも中学時代の実績がない無名選手が大きく飛躍しようとしている。

今シーズン急成長している選手の一人が、須藤花菜選手(順天2)。

昨シーズンのベスト記録は、1500m4分47秒と800m2分17秒と普通の中学生レベル。

今シーズンは、一気にブレイク。それぞれ、4分25秒と2分12秒へと大躍進している。

10月の全国高校陸上競技大会では上位入賞の可能性も期待される。

須藤選手の将来の夢も五輪出場だと関係者が伝えてくれた。

「地味で真面目な性格」(関係者談)を持ち続ければ、いつか大輪の花を咲かせるだろう。

特別枠として挙げた3選手も将来、五輪に近い潜在能力がある。

その中でも干飯里桜選手(須磨学園2)は、最も大化けする可能性を秘めている。

今後の育成と本人の自覚次第で数年後に一気に日本トップレベルになる素材だ。

干飯選手と須藤選手には共通点がある。

干飯選手のチームメイトには、石松愛朱加選手(須磨学園2)がいる。

須藤選手のチームメイトには、南日向選手(順天2)がいる。

石松選手と南選手は、中学時代に先述した米澤選手と全国トップを競い合った。

中学時代に大活躍した選手が在籍しているチームから新たな選手が育ってきている。

これは、日本女子長距離界にとって大きなプラス要素となる。

更に言うと米澤選手と須藤選手の環境にも共通点がある。

一学年下の後輩に全国トップレベルの選手が入っている。

仙台育英には、全中チャンピオンの杉森心音選手が加入。

順天には、全中800m&1500m共に第2位の小川陽香選手が加入。

良い環境で良いチームメイトに恵まれたことで化学反応を起こし有望選手が育つ。

指導に当たる監督の指導力の賜物であるのは間違いない。

特別枠の選手として五輪出場に近いのは、三原梓選手(立命館宇治3)。

三原選手の素質が、ズバ抜けているのは多くの陸上関係者が認めるところ。

今後、数年かけて、じっくりと土台を作る指導者と巡り合えたら大きく五輪に近づく。

もう一人、萩原結選手(城西大城西3)も大化けする可能性に溢れている。

今は、全くの無名選手だが指導者との出会いによっては実業団選手として花開くだろう。

一山麻央選手(ワコール)のレベルまで成長できる逸材である。

指導にあたる渋井陽子コーチから陸上選手として必要なプロ意識を学べは必ず開花する。

※日本陸上界の将来を見据えて留学生以外の選手から選出。
※南北に分けることなく「ALL関東」「ALL九州」で選出。

三浦龍司(順天堂大学1年)が見事に国内最高記録を更新!

レース中、「いつでも日本記録を狙える状態」だという話があった数分後。

突然、衝撃的な結末を迎える瞬間へのカウントダウンが始まった。

ラスト1000mからのスパート力に自信があるのは田中希実だけではなかった。

三浦龍司のラストの強さは、それこそ世界レベルだと言える。

兎に角、速かった!強かった!カッコ良かった!

天性のバネを活かした走りが、兎に角、軽い!

この軽さを持っていれば、おそらく、8分ひと桁が狙えるだろう。

今後、海外への渡航が可能になり、ヨーロッパで試合に出場出来たら。

海外選手のハイペースな流れに乗って走れば7分台も見えてくる。

そんな期待を抱いてしまうほど三浦龍司の走りには、可能性の光が見えている。

<3000m障害 日本歴代TOP8>

1.8分18秒93 岩水嘉孝 (トヨタ自動車)2003年8月23日 ※順天堂大学卒
2.8分19秒37 三浦龍司 (順天堂大学) 2020年7月18日 ※順天堂大学1年
3.8分19秒52 新宅雅也 (SB食品)    1980年7月8日
4.8分21秒60 小山隆治 (クラレ)   1974年6月22日
5.8分26秒48 内富恭則 (中国電力)  1997年10月29日
6.8分27秒15 山田和人 (日産自動車) 1990年8月17日 ※順天堂大学卒
7.8分27秒28 塩尻和也 (富士通)   2019年6月27日 ※順天堂大学卒
8.8分28秒98 仲村 明 (富士通)   1992年6月14日 ※順天堂大学卒


三浦龍司が高校新!8分39秒49!の記事を書いてから1年。

高校新記録がU20日本新記録に変わった。

次は、U20日本新記録が日本新記録に変わる日が来るだろう。

日本人選手が、3000mSCで7分台!

そういう記事を書く日が来るのを楽しみにしながら活躍を応援したい。

ホクレンディスタンス士別大会女子1500mで日本歴代2位の記録が出た。

小林祐梨子が持つ日本記録4分07秒86に迫る4分08秒68で田中希実が走破。

いよいよ小林祐梨子の日本記録が破られる日が来るのを予感させた。

一人が破れば、その後は2~3人が続く可能性もある。

今の日本には、力のあるタレントが揃っている。

選手は揃っている。しかし、強烈な個性で選手を引っ張る指導者がいない。

選手が知らず知らずのうちに抱いている「心の壁」を取り除く人材がいない。

殆どのコーチングスタッフが口先ばかり。

暇があれば「ゴルフ」と「麻雀」をしている。

高い目的意識とコーチング技術を持った指導者はいない。

そんな中で中学時代からずっと全国のトップレベルで活躍しているのが田中希実。

本人の意識の高さと努力の成果によって日本記録に迫ったのは大きな一歩となった。

前述した通り、4分07秒86の日本記録が破られる日は、そう遠くない。

レース中に「10秒を切れるぞ!」と言っていた声が数年以内に当たり前になる。

「4分を切れるぞ!」という声に変わる日が間違いなくやってくる。

その予感を裏付ける事実がある。日本中距離界の歴史を変える逸材が出てきている。

これまでの常識を破るタレントがいる。ある関係者から情報を得た。

「小学生の女の子が、1000mを2分台で普通に走っている」

「800mは2分10秒台、1500mは4分30秒切り、3000mは9分40秒台」

「一般的に足の速い小学生にありがちなガッチリした体型ではい」

「だからと言ってガリガリの子供がガムシャラに走っているのでもない」

「カラダを左右に揺らしながら苦しそうに走る姿を見たことがない」

「親に無理矢理に走らされている雰囲気もない」

「それが当たり前のことのように自然体で楽しそうに走っている」

「将来1500mで4分を切って走ってみたいが口癖らしい」

そんな情報を教えてくれた。

映像を貰えないかと訊ねたところ「今は、そっとしておいてほしい」と断られた。

「普通に、その辺の公園で練習をしているのでいつでも見れますよ」

そう関係者から言われたとも教えてくれた。

そして、「ちなみに300mも40秒で走るみたいです」が最後に付け加えられた。

もし、本当にそんな逸材がいるなら、それは凄いことだ。

新しい歴史が生れる可能性が大いに期待できる。

早熟だったで終わらせない取り組みを国内の指導力を結集して面倒を見るべきだ。

引き続き情報収集をして、今後の動向を見守っていきたい。

↑このページのトップヘ