ランナーズ・ジャーナル JAPAN (Runners-Journal.Jp)

事実に基づいた「真実のコラム」を掲載しています。今だからこそ伝えたい「本当のこと」をありのまま伝えたいと思います。

カテゴリ: 大学女子駅伝

<2020富士山女子駅伝結果>
  1.2:21.38 名城大学
  2.2:24.16 大東文化大学
  3.2:27.00 立命館大学
  4.2:27.42 松山大学
  5.2:27.53 大阪学院大学
  6.2:27.59 城西大学
  7.2:28.21 日本体育大学
  8.2:29.19 関西大学
  9.2:30.16 福岡大学
10.2:30.51 関西外語大学
11.2:31.13 順天堂大学
12.2:31.47 佛教大学
13.2:32.03 東洋大学
14.2:32.08 京都産業大学
15.2:32.47 拓殖大学
16.2:33.04 東北福祉大学
17.2:33.12 京都光華女子大学
18.2:33.31 東京農業大学
19.2:33.47 玉川大学
20.2:34.24 中央大学
21.2:34.43 神戸学院大学

<1区・区間順位>※TOP5 
1.13:04 赤堀かりん    (日体大2)
2.13:07 戸田朱音     (大阪学院大4)
3.13:08 小杉真生     (関西大1)
4.13:10 高松智美ムセンビ (名城大3)
5.13:14 黒石瑠香     (福岡大2)

<2区・区間順位>※TOP5 
1.20:40 和田有菜     (名城大3)
2.21:16 飛田凜香     (立命館大2)
3.21:34 吉村玲美     (大東文化大2)
4.21:38 西山未奈美    (松山大3)
5.21:44 柳谷日菜     (関西大3)

<3区・区間順位>※TOP5 
1.10:22 保坂晴子     (日体大1)
1.10:22 花田咲絵     (順天堂大4)
3.10:23 逸見亜優     (京産大2)
4.10:25 御﨑 舞     (立命館大3)
5.10:30 鴨志田海来    (名城大3)

<4区・区間順位>※TOP5 
1.13:55 山本有真     (名城大2)
2.14:32 秋山祐妃     (大東文化大4)
3.14:33 篭谷有希     (城西大4)
4.14:37 小林 朝     (立命館大1)
5.14:39 花房百伽     (福岡大3)

<5区・区間順位>※TOP5 
1.34:29 鈴木優花     (大東文化大3)
2.35:02 中田美優     (立命館大4)
3.35:26 加世田梨花    (名城大4)
4.35:27 小松優衣     (松山大2)
5.35:29 室伏香音     (大阪学院大3) 

<6区・区間順位>※TOP5 
1.19:31 増渕祐香     (名城大1)
2.19:35 関谷夏希     (大東文化大M1)
3.19:52 伊藤柚葉     (城西大1)
4.20:23 林ひかる     (立命館大4)
5.20:25 一瀬美結     (日体大3)

<7区・区間順位>※TOP5 
1.28:26 小林成美     (名城大2)
2.30:16 山賀瑞穂     (大東文化大2)
3.30:52 大谷菜南子    (松山大3)
4.30:54 加藤詩帆加    (大阪学院大3)
5.30:56 矢尾桃子     (関西外語大2)


<レース解説>
優勝候補の筆頭に上がっていた名城大学が2区以降トップを独走し、大会3連覇を達成した。しかし、「神7」と謳い区間賞を独占するというテレビ局が作り上げたカッコイイ物語には程遠い内容であった。そもそも1区から大きな誤算が生じていた。最近のレースでは、調子の波があり不安定な走りをしていたムセンビ選手を1区に配置。1区から独走態勢を築こうとしたが、その走りは、明らかに重かった。伸びやかなストライドがない。持ち味であるバネの効いた走りが見られない。レース中盤でのスパートを活かせず失速。レース後半は、複数校に抜かれる心的ダメージの大きい走りとなってしまった。実績のある知名度の高い選手が、こういう走りをしてしまうと後を引くこともある。ムセンビ選手の体調を監督が把握していなかったとは思えないが、優勝したからOKでは済まされない痛いミスとなった。区間賞を獲得出来なかったのは、1区だけではない。3区・4区・5区も他大学の選手が名城大学を上回った。「全区間で区間賞!神7達成!」という監督の目論見は大きく外れてしまった。『大誤算』だった。もしも、監督が「全区間で区間賞を狙う!」と本気で言っていたとしたら、それは、チームを預かる指導者として致命的なミスであり、選手の体調を把握出来ていなかったことになる。管理不足を露呈してしまった。そういう『綻び』が積み重なり黄金期から低迷期へと知らぬ間に陥ってしまうことは陸上界では珍しくない。名城大学が駅伝女王を守る時代は、暫く続くだろう。しかし、メディアに乗せられて「区間賞を独占するレースをする!」などとカッコイイことを言っていては、黄金期は長続きしない。「いつの間にか他大学に抜かれていた」なんてことにならないように視聴率稼ぎのメディアに乗せられないことも指揮官の仕事である。浮ついた雰囲気のない軸の安定したチーム作りに期待したい。

大学女子駅伝で優勝する条件について、もう少し掘り下げてみたい。どのチーム競技でも同じだが、実績のある選手が集まるチームが強いのは当たり前。名城大学には、実績と実力がある選手が毎年入ってくる。それは、大きなアドバンテージになっている。今回、上位入賞した大学には、毎年、優秀な選手が入学してくる。上位入賞校には、意欲と実績のある一流選手が入ってくるので強くて当然という感は否めない。その中でも名古屋市にある名城大学が群を抜いて活躍している理由は何故だろうか?その理由は、明快である。陸上競技に比重を置く意識の強い選手が名城大学の門を叩きやすいというのが第一の理由だろう。以前は、中部地方や関西からの生徒が多かったが、今は、関東の選手も入学をしている。陸上が好きで駅伝でも活躍したい選手が選びやすい条件が整っている。それは、日本一を獲得するのに大きなアドバンテージだ。では、少し視点を変えて勝つ条件を考えてみたい。一般的に難関大学と言われている、筑波大学、立教大学、中央大学などと比べるとウエイトを置くものへの価値観が違うのは大学受験を経験した誰もが理解している。日本の学歴システムにおいて東京大学を最高学府と考えた場合の序列は、難易度の高い順に「文武両道の重さ」が違うのは当然のことである。難易度という点において更に言うと私学の最高位にいる早稲田大学や慶應義塾大学とは、圧倒的に文武両道の重さと価値が違う。現状では、早稲田大学や慶應義塾大学が駅伝を強化する流れにはなっていない。その一方で筑波大学や立教大学や中央大学には、優秀な選手が多数入学している。名城大学や大東文化大学に引けを取らない将来性のある選手が揃っている。問題は、指導者がいないこと。選手の潜在能力を引く出せる優秀な指導者がいれば、筑波大学、立教大学、中央大学が駅伝日本一になるチャンスがある。本来なら、毎年、優勝候補に上げられても不思議ではない『強いチーム』になる。しかし、選手を導ける指導者がいない。指導者の不在が、大学のカラーとして認知されているのを黙って見ているのが、本当に勿体ない。勝てないチームより勝てるチームに優秀な人材が流れるのは当然である。入りやすくて、勝つ可能性が高い大学に有望な選手が集まる傾向は、今後もずっと続いていくだろう。

<総合順位>
  1.2:02:57 名城大学
  2.2:05:48 大東文化大学
  3.2:06:11 日本体育大学
  4.2:07:00 立命館大学
  5.2:07:48 関西大学
  6.2:08:34 大阪学院大学
  7.2:08:46 城西大学
  8.2:09:59 松山大学
〜以上、シード権獲得〜
  9.2:10:19 拓殖大学
10.2:10:22 京都産業大学
11.2:10:27 順天堂大学
12.2:10:49 京都光華大学
13.2:11:06 佛教大学
14.2:11.50 福岡大学
15.2:11.52 中京学院大学
16.2:12:10 東洋大学
17.2:12.57 東北福祉大学
18.2:13.18 関西外語大学
19.2:14.31 中央大学
20.2:15.58 鹿屋体育大学
21.2:16.26 大阪芸術大学
22.2:16.41 新潟医療大学
23.2:16.42 札幌国際大学
24.2:17.17 環太平洋大学
OP   2:21.01 石巻専修大学

<1区(6.6km)・区間記録>※TOP5
1.21:16 飛田凜香    (立命館大2)
2.21:24 和田有菜    (名城大3)
3.21:29 室伏香音    (大阪学院大3)
4.21:32 吉村玲美    (大東文化大2)
5.21:35 岡島 楓    (日体大3)

<2区(3.9km)・区間記録>※TOP5
1.12:30 保坂晴子    (日体大1)
2.12:31 山本有真    (名城大2)
3.12:38 秋山祐妃    (大東文化大4)
4.12:38 北川星瑠    (大阪芸術大1)
5.12:42 笠原奈月    (福岡大1)

<3区(6.9km)・区間記録>※TOP5
1.21:37 小林成美    (名城大2)
2.22:33 中田美優    (立命館大4)
3.22:39 中嶋紗弥    (鹿屋体育大3)
4.22:58 一瀬美結    (日体大3)
5.23:12 渡邉桃子    (関西大4)
5.23:12 松本奈々    (順天堂大3)

<4区(4.8km)・区間記録>※TOP5
1.15:40 増渕祐香    (名城大1)
2.15:50 赤堀かりん   (日体大2)
3.15:51 小杉真生    (関西大1)
4.16:08 今井彩月    (大東文化大2)
5.16:14 戸田朱音    (大阪学院大4)

<5区(9.2km)・区間記録>※TOP5
1.29:14 加世田梨花   (名城大4)
2.29:47 関谷夏希    (大東文化大M1)
3.30:19 小松優衣    (松山大2)
4.30:25 栗原 泉    (日体大1)
5.30:26 佐野英里佳   (拓殖大4)

<6区(6.7km)・区間記録>※TOP5
1.22:17 鈴木優花    (大東文化大3)
2.22:31 高松智美ムセンビ(名城大3)
3.22:47 中山優奈    (大阪学院大1)
4.22:53 宮内志佳    (日体大1)
5.23:03 林ひかる    (立命館大4)

<チーム総合順位>
  1.1:39:44 関西大
  2.1:40:06 大阪学院大
  3.1:40:46 立命館大
  4.1:41:09 大阪芸術大
  5.1:41:47 京都産業大
  6.1:42:12 佛教大
  7.1:42:31 関西外国語大
  8.1:42:39 京都光華女子大
  9.1:45:00 神戸学院大
10.1:46:53 兵庫大
11.1:47:59 羽衣国際大
12.1:52:16 武庫川女子大
13.1:54:44 明治国際医療大
14.1:57:21 園田学園女子大

<1区 区間TOP5>
1.12:41 飛田凜香  (立命館大2・滋賀)
2.12:46 小杉真生  (関西大1・千葉)
3.12:50 室伏香音  (大阪学院大3・静岡)
4.12:57 山岸みなみ (関西外国語大1・新潟)
5.13:00 林静里奈  (京都光華女子大1・和歌山)

<2区 区間TOP5>
1.10:29 中山優奈  (大阪学院大1・福岡)
2.10:32 木下 茜  (関西大2・京都)
3.10:38 堀尾咲月  (京都産業大3・奈良)
4.10:40 林ひかる  (立命館大4・鳥取)
5.10:47 清水ひなた (佛教大1・滋賀)

<3区 区間TOP5>
1.21:28 柳谷日菜  (関西大3・大阪)
2.21:42 北川星瑠  (大阪芸術大1・滋賀)
3.21:54 久木柚奈  (佛教大2・京都)
3.21:54 西出優月  (関西外国語大3・大阪)
5.21:59 松本美咲  (立命館大4・京都)

<4区 区間TOP5>
1.22:02 野崎 光  (大阪学院大2・宮崎)
2.22:06 矢尾桃子  (関西外国語大2・福井)
3.22:07 澤井いずみ (関西大4・福井)
4.22:33 中本 香  (京都産業大1・兵庫)
5.22:35 藤村晴菜  (京都光華女子大4・京都)

<5区 区間TOP5>
1.10:42 戸田朱音  (大阪学院大4・兵庫)
2.10:48 磯野美空  (関西大1・香川)
3.10:49 薗 栞  (立命館大3・宮崎)
4.10:54 山下桃花  (佛教大4・北海道)
5.10:57 宮永光唯  (大阪芸術大3・大阪)

<6区 区間TOP5>
1.21:47 長濱夕海香 (大阪芸術大4・神奈川)
2.21:52 加藤詩帆加 (大阪学院大3・静岡)
3.21:52 中田美優  (立命館大4・兵庫)
4.22:03 渡邉桃子  (関西大4・大阪)
5.22:20 若井莉央  (京都産業大3・奈良)

<女子5000mタイムレース総合TOP20 >
  1.16:29.05 佐野英里佳  (拓大4・千葉)
  2.16:32.39 加藤礼菜   (中大1・千葉)
  3.16:34.49 風間歩佳   (中大1・千葉)
  4.16:38.24 田浦英理歌  (東洋大3・熊本)
  5.16:38.78 花田咲絵   (順大4・福岡)
  6.16:40.57 Elizabeth Njeri  (城西国際大1・千葉)
  7.16:40.78 道下美槻   (立大1・東京)    PB
  8.16:41.89 松本奈々   (順大3・大阪)
  9.16:43.05 牛 佳慧   (拓大2・静岡)
10.16:43.42 和田美々里  (東洋大4・東京)
11.16:43.91 塩野未侑   (東洋大1・東京)
12.16:44.00 高橋ひより  (東農大3・新潟)
13.16:44.05 高橋香澄   (筑波大3・福島)   PB
14.16:47.82 土井菜摘   (拓大1・千葉)    PB
15.16:50.54 上村栄奈   (帝京科大3・埼玉)
16.16:53.46 炭谷綺乃   (玉川大1・石川)   PB
17.16:55.21 小野汐音   (順大2・千葉)    PB
18.16:57.44 小澤理子   (拓大2・神奈川)   PB
19.16:58.59 鈴木梨々亜  (中大1・東京)
20.17:00.78 白石由佳子  (順大4・長崎)

<女子5000mタイムレース1組>※TOP10 
  1.16:55.21 小野汐音   (順大2・千葉)    PB
  2.16:57.44 小澤理子   (拓大2・神奈川)   PB
  3.17:04.60 伊東明日香  (東洋大3・東京)
  4.17:11.41 渡辺早紀   (東洋大3・新潟)
  5.17:11.74 会田佳世   (中大1・東京)
  6.17:14.24 平賀奏美   (東農大4・東京)
  7.17:16.83 坂口愛和   (東農大1・東京)
  8.17:17.14 原賀藍実   (中大1・熊本)
  9.17:19.59 田翔子   (順大2・福岡)
10.17:19.84 鈴木ひらり  (玉川大1・埼玉)

<女子5000mタイムレース2組>※TOP10
  1.16:29.05 佐野英里佳  (拓大4・千葉)
  2.16:38.24 田浦英理歌  (東洋大3・熊本)
  3.16:58.59 鈴木梨々亜  (中大1・東京)
  4.17:00.78 白石由佳子  (順大4・長崎)
  5.17:02.38 端山絢音   (玉川大4・千葉)
  6.17:05.38 川田愛佳   (東農大1・山形)
  7.17:13.68 大崎ななみ  (東農大1・広島)
  8.17:14.94 二川彩香   (順大2・茨城)
  9.17:22.11 梅木優子   (拓大1・神奈川)   PB
10.17:23.57 五日市莉歩  (立大2・東京)

<女子5000mタイムレース3組>※TOP10
  1.16:32.39 加藤礼菜   (中大1・千葉)
  2.16:34.49 風間歩佳   (中大1・千葉)
  3.16:38.78 花田咲絵   (順大4・福岡)
  4.16:40.57 Elizabeth Njeri  (城西国際大1・千葉)
  5.16:40.78 道下美槻   (立大1・東京)    PB
  6.16:41.89 松本奈々   (順大3・大阪)
  7.16:43.05 牛 佳慧   (拓大2・静岡)
  8.16:43.42 和田美々里  (東洋大4・東京)
  9.16:43.91 塩野未侑   (東洋大1・東京)
10.16:44.00 高橋ひより  (東農大3・新潟)

【富士山女子駅伝結果】
  1位 2時間23分08秒 名城大学
  2位 2時間24分25秒 大東文化大学
  3位 2時間25分22秒 全日本大学選抜
  4位 2時間25分45秒 立命館大学
  5位 2時間26分16秒 城西大学
  6位 2時間27分27秒 京都産業大学
  7位 2時間27分38秒 日本体育大学
  8位 2時間27分59秒 大阪学院大学
  9位 2時間28分48秒 順天堂大学
10位 2時間28分54秒 東洋大学

1区
1.12分50秒 金光由利  (全日本選抜:東海大学)
2.12分56秒 佐野英里佳 (拓殖大) 
3.12分56秒 赤堀かりん (日体大)
4.13分00秒 荒井優奈  (名城大)
5.13分01秒 小松優衣  (松山大)

2区
1.20分40秒 五島莉乃  (全日本選抜:中央大)区間新
2.20分52秒 佐藤成葉  (立命館大)
3.21分14秒 吉村玲美  (大東文化大)
4.21分16秒 中島紗弥  (鹿屋体育大)
5.21分28秒 高松智美ムセンビ(名城大)

3区
1.10分07秒 御崎 舞  (立命館大) 区間新
2.10分13秒 井上葉南  (名城大) 
3.10分20秒 今さつき  (城西大)
4.10分23秒 樺沢和佳奈 (全日本選抜:慶応大) 
5.10分24秒 福田幸来  (玉川大) 

4区
1.13分55秒 山本有真  (名城大)  区間新
2.14分05秒 松本美咲  (立命館大) 区間新
3.14分24秒 今泉野乃香 (大東文化大) 
4.14分25秒 藤川 遥  (鹿屋体育大)
5.14分27秒 高橋優菜  (順天堂大)

5区
1.34分51秒 加世田梨花 (名城大)
2.35分02秒 関谷夏季  (大東文化大)
3.35分07秒 福嶋摩耶  (城西大)
4.35分11秒 橋本奈津  (京都産業大)
5.35分29秒 早川可奈子 (鹿屋体育大) 

6区
1.19分40秒 小林成美  (名城大)
2.20分13秒 小笠原晴季 (城西大)
3.20分14秒 山賀瑞穂  (大東文化大)
4.20分21秒 齋藤 凜  (全本選抜)
5.20分28秒 高安結衣  (京都産業大)

7区
1.29分17秒 田浦英理歌 (東洋大)
2.29分26秒 鈴木優花  (大東文化大)
3.29分58秒 岡田佳子  (松山大)
4.30分02秒 和田有菜  (名城大)
5.30分15秒 鈴木彩智歩 (日体大)


11位 2時間29分02秒 松山大学
12位 2時間29分07秒 東京農業大学
13位 2時間29分10秒 鹿屋体育大学
14位 2時間29分27秒 大阪芸術大学
15位 2時間30分02秒 玉川大学
16位 2時間30分15秒 仏教大学
17位 2時間30分39秒 福岡大学
18位 2時間31分59秒 関西大学
19位 2時間33分16秒 柘植大学
20位 2時間33分33秒 神戸学院大学
21位 2時間33分44秒 東北福祉大学
22位 2時間34分37秒 京都光華女子大学
23位 2時間35分04秒 関西外語大学

【2019富士山女子駅伝出場チーム】

  1.名城大学
  2.大東文化大学
  3.立命館大学
  4.松山大学
  5.日本体育大学
  6.城西大学
  7.大阪学院大
  8.関西大学
  9.大阪芸術大学
10.東京農業大学
11.東洋大学
12.佛教大学
13.順天堂大学
14.京都産業大学
15.玉川大学
16.東北福祉大学
17.福岡大学
18.拓殖大学
19.京都光華女子大学
20.鹿屋体育大学
21.神戸学院大学
22.関西外語大学
23.全日本大学選抜
24.静岡県学生選抜

<見どころ>
現在、大学女子駅伝界のトップに君臨している名城大学を中心にレースが進むのは、ほぼ、間違いない。今の名城大学に対抗できる戦力を揃えている大学は残念ながら見当たらない。暫くは名城大学の時代が続くだろう。名城大学を脅かすと予想されるのは、立命館大学と大東文化大学。名城大学がミスをして失速をしてくれたらという条件付きではあるが、勝てるチャンスがないわけではない。駅伝には絶対はない。チャンスはゼロではないと信じて戦略を練ったタスキリレーをして欲しい。

今年の順位というよりも来年以降の飛躍が期待できる学校を紹介すると城西大学と東洋大学がある。両大学のコーチングスタッフは、この1〜2年、高校駅伝の強豪校へ頻繁に足を運んでいる。そして、実績のある選手をスカウトしている。どこの高校へ行っても、このふたつの大学の監督が来てくれたと喜んでいる。この現状は、数年後に勢力図が変わる予兆を感じさせる。駅伝で結果を出すには、何よりもスカウティングに成功することだ大事。良い選手を集めた学校が好成績を残し、選手を集められなければ、あっという間にチーム力は低下していく。その差は顕著に表れる。

今後の躍進が期待されるのは、関東の大学ばかりではない。関西の大学の女子駅伝強化に対する本気度は、年々高まっている。「関東の強豪校には行けないけど、名もない大学に行くくらいなら関西の名門大学へ行った方が将来的に役立つ」と考える関西の高校生は増えてきた。立命館大学と佛教大学そして、京都産業大学以外の大学が力を入れ始めている現状は、高校生にとっては、とても良い流れになっている。数年後の富士山女子駅伝では、トップ10入りする大学が変わってきたと感じるように関西の大学の成長に期待をしたい。

また、ここには名前が無いが、中央大学と立教大学も大きな飛躍を感じさせる。中央と立教に入るのは簡単ではない。選手の学力が伴っているのは勿論、陸上との両立が出来ている選手が中央と立教に行く流れができている。数年先にはトップ争いをするチームになっている可能性も感じられる。今後の楽しみのひとつとして期待をしたい。





1区(区間順位) 
1位 20分55秒 中央大学  (五島莉乃)
2位 21分40秒 京都産業大学(橋本奈津)       
3位 21分41秒 日本体育大学(工藤杏華)
4位 21分42秒 東洋大学  (田浦英理歌)
5位 21分47秒 大東文化大学(吉村玲美)

2区(通過順位)    
  1位 名城大学     
  2位 日本体育大学   
  3位 大東文化大学   
  4位 京都産業大学   
  5位 松山大学     
  6位 大阪学院大学
  7位 東洋大学
  8位 東京農業大学
  9位 関西大学
10位 立命館大学
 (区間順位)
1位 12分20秒 高松智美 (名城大学)  
2位 12分26秒 西山未奈美(松山大学)  
3位 12分29秒 飛田凜香 (立命館大学) 
4位 12分36秒 北脇亮子 (大東文化大学)
5位 12分41秒 赤堀かりん(日本体育大学)


3区(通過順位)
  1位 名城大学
  2位 大東文化大学
  3位 日本体育大学
  4位 松山大学
  5位 大阪学院大学
  6位 立命館大学
  7位 関西大学
  8位 京都産業大学
  9位 大阪芸術大学
10位 東京農業大学
(区間順位)
1位 21分44秒 鈴木優花 (大東文化大学)
2位 21分48秒 和田有菜 (名城大学)
3位 22分55秒 真部亜樹 (立命館大学)
4位 23分04秒 加藤詩帆加(大阪学院大学) 
5位 23分07秒 渡邉桃子 (関西大学)


4区(通過順位)
  1位 名城大学
  2位 松山大学
  3位 大阪学院大学
  4位 大東文化大学
  5位 日本体育大学
  6位 立命館大学
  7位 関西大学
  8位 京都産業大学
  9位 大阪芸術大学
10位 東京農業大学
(区間順位)
1位 15分47秒 山本有真 (名城大学)
2位 16分12秒 小松優衣 (松山大学)
3位 16分12秒 野崎 光 (大阪学院大学)
4位 16分26秒 三浦佑美香(立命館大学)
5位 16分36秒 花野桃子 (日本体育大学)


5区(通過順位)
  1位 名城大学
  2位 大東文化大学
  3位 松山大学
  4位 立命館大学
  5位 日本体育大学
  6位 大阪学院大学
  7位 名城大学
  8位 関西大学
  9位 東洋大学
10位 大阪芸術大学
(区間順位)
1位 29分49秒 加世田梨花(名城大学)
2位 29分53秒 関谷夏希 (大東文化大学)
3位 29分58秒 福嶋摩耶 (城西大学)
4位 30分10秒 佐藤成葉 (立命館大学)
5位 30分24秒 岡田佳子 (松山大学)


6区(通過順位)
  1位 2時間04分34秒 名城大学
  2位 2時間07分05秒 大東文化大学
  3位 2時間07分37秒 立命館大学
  4位 2時間07分45秒 松山大学
  5位 2時間08分40秒 日本体育大学
  6位 2時間09分09秒 城西大学
  7位 2時間09分34秒 大阪学院大学
  8位 2時間10分00秒 関西大学
  9位 2時間10分32秒 大阪芸術大学
10位 2時間10分42秒 東京農業大学
11位 2時間10分51秒 東洋大学
12位 2時間11分37秒 佛教大学
13位 2時間11分48秒 京都産業大学
14位 2時間11分50秒 東北福祉大学
15位 2時間12分33秒 福岡大学
16位 2時間12分38秒 玉川大学
17位 2時間12分53秒 神戸学院大学
18位 2時間13分40秒 中京学院大学
19位 2時間14分06秒 中央大学
20位 2時間14分31秒 拓殖大学
21位 2時間14分42秒 兵庫大学
22位 2時間14分54秒 札幌国際大学
23位 2時間20分21秒 新潟医療福祉
24位 2時間21分38秒 石巻専修大学
25位 2時間24分23秒 環太平洋大学
OP   2時間24分02秒 東北学連選抜 
(区間順位)
1位 22分45秒 三ツ木桃香(城西大学)
2位 22分55秒 荒井優奈 (名城大学)
3位 22分57秒 光恒悠里 (福岡大学)
4位 23分06秒 山賀瑞穂 (大東文化大学)
5位 23分08秒 高安結衣 (立命館大学)

【関東大学女子駅伝結果】※ピンク文字は区間賞
  1.1:39:09 城西大学
  
森尻真優(1)、藤村華純(1)、福嶋摩耶(1)、佐光菜々子(4)、小笠原晴季(4)、三ツ木桃香(4)
  2.1:40:10 日本体育大学
  工藤杏華(3)中村朱里(1)、一瀬美結(2)、髙田晴香(1)花野桃子(3)、村上愛華(3))
  3.1:40:26 大東文化大学
  北脇亮子(4)、飯嶋優羽(1)、鈴木優花(2)今井彩月(1)、関谷夏希(4)、今泉野乃香(4))
  4.1:41:37 中央大学
  (渡邉美優(2)、齋藤菜月(3)、木下友梨菜(4)、石原七海(1)、五島莉乃(4)大塚沙弥(2))
  5.1:41:53 東洋大学
  伊東明日香(2)、渡辺早紀(2)、田浦英理歌(2)、後藤藍子(1)、和田美々里(3)、白川恵理菜(4))
  6.1:42:00 東京農業大学
  保坂野恋花(4)、平賀奏美(3)、棟久由貴(4)、土田佳奈(4)、高橋ひより(2)、柴原佑紀(2))
  7.1:42:08 拓殖大学
  八田ももか(2)、牛佳慧(1)佐野英里佳(3)、原目理央(2)、笹川葉名(3)、水沼結衣(3))
  8.1:42:15 玉川大学
  大石楓(4)、福田幸来(1)、鈴木真実(3)、中元寺舞(1)、小汲紋加(3)、平井日陽(2))
  9.1:42:33 順天堂大学
  花田咲絵(3)、菊地梨紅(4)、松本奈々(2)、二川彩香(1)、白石由佳子(3)、佐藤みな実(4))
10.1:45:03 筑波大学
  狩野早耶(3)、西永菜津(2)、高橋香澄(2)、伊藤穂乃佳(1)、上田雪菜(4)、阿部風薫(1))
11. 1:45:40 帝京科学大学
  上村栄奈(2)、田口綾乃(2)、岡田葉瑠加(1)、神部涼(1)、御廐敷莉乃(2)、金田理花(1))
12.1:45:55 大学
  関上利華(4)、野澤綺花(2)、髙橋佳歩(2)、大谷花厘(4)、宍戸梨夏(3)、飯野亜美(3))
13.1:47:05 亜細亜大学
  田中優花(2)、広瀬はるか(1)、石川美優(2)、南舞鳥(1)、大島きらら(2)、小美濃あい(1))
14.1:47:30 城西国際大学
  三浦優葉(1)、福村来夢(1)、安部日和(2)、佐藤美雪(4)、矢部綾乃(4)、加藤あや(2))
15.1:49:33 立教大学
  前田梅香(2)、五日市莉歩(1)、小幡美貴(3)、平賀祥子(3)、金澤結(3)、宮坂朋実(3))
16.1:50:05 松蔭大学
  門馬琴実(2)、堀川由香里(2)、岡田叶恵(2)、北郷美奈(2)、入江夏子(4)、木村悠花(1))
17.1:50:55 日本女子体育大学
  吉武穂乃(2)、岡田海緒(4)、飯田夏帆(4)、加藤舞子(4)、上本歩実(4)、福田彩乃(2))
18.1:52:09 国士舘大学
  渡邉唯(3)、松本優澄(1)、田中ひかる(2)、小野咲子(3)、宮城万里奈(2)、大類瑠華(4))
19.1:52:26 東京女子体育大学
  矢治璃瑞奈(1)、飯村莉菜(2)、篠原結衣(2)、鎌野歩美(1)、田村寧月(3)、守角彩絵(1))
20.1:53:45 東京学芸大学
  原舞奈(2)、木村玲菜(1)、楠久美香子(3)、玉利朱音(1)、西川優衣(3)、山口千尋(2))
21.1:57:57 津田塾大学
  大岩令奈(1)、増渕朱里(3)、牧花恵(2)、戸田美咲(4)、笹木晴奈(3)、関菜々子(3))
22.1:58:49 上智大学
  小池日南子(1)、菊池光紗(2)、澤田奈々子(4)、西村唯(1)、山本美里(4)、金子万葉(3))





↑このページのトップヘ